人探しについて

人探し 家出 行方不明者の発見は 探偵・自力・警察の3つ方法しかない

更新日:

 

  • 子供が家出して連絡が取れない
  • 夫・妻が家出した
  • お金を貸した人と連絡が取れなくなった
  • 恋人と突然連絡が取れなくなった
  • 行方不明になった知人を捜したい
  • お世話になった人に会いたい

警察に「捜索願」が提出された行方不明者の方は、毎年10万人弱と言われています。

この数字はあくまで警察に「捜索願」が出された方の数であり、様々な理由で「捜索願」が出されなかった方の数も入れると、その実数は10万人を超えると思われます。

 

21年度の捜索願が出された数が81,644件、捜索願が出された年の発見率は98%と高くなっていて、79,936人の所在が確認されており、未発見者は1,708人となっています。

ただし、発見者数には死亡状態で発見された件数も含まれており、21年度では4,558人が死亡状態で発見され、そのうち自殺が3,071人、不明が1,487人となっています。

21年度行方不明者発見状況

捜索願数 81,644件
所在確認 79,936人
未発見者 1,708人
死亡状態 4,558人
不明 1487人

警察は人探し以外にも様々な犯罪や被害に対応していかなければいけません。

だからと言って、人探しに力を入れていない訳ではないのですが、全ての行方不明者を探すには手が回らないため、一般行方不明者と特異行方不明者の2つに分けています。

 

一般行方不明者は、本人の自由意志で家を出たと判断され警察は介入しません。

ただし未成年者に限り、児童福祉法の定義に則って、パトロール中に発見した場合には保護をしてくれます。

 

警察が積極的に捜索をおこなうのが、事件性がある特異行方不明者となります。

 

特異行方不明者とは

平成21年に「行方不明者発見活動に関する規則」改正されて、家出人と言う言葉から行方不明者となり、家出人捜索願と言われていたものが「行方不明者届」と変更になりました。

行方不明者の中でも「特異行方不明者」の定義に該当する場合は、行方不明者発見活動の規則に基づき、警察が積極的に発見活動をしなければいけないとなっています。

 

それが次の項目となります。

 

特異行方不明者

行方不明者発見活動に関する規則第2条第2項では、以下の者を特異行方不明者としている。

参考

  1. 殺人、誘拐等の犯罪により、その生命又は身体に危険が生じているおそれがある者
  2. 少年の福祉を害する犯罪の被害にあうおそれがある者
  3. 行方不明となる直前の行動その他の事情に照らして、水難、交通事故その他の生命にかかわる事故に遭遇しているおそれがある者
  4. 遺書があること、平素の言動その他の事情に照らして、自殺のおそれがある者
  5. 精神障害の状態にあること、危険物を携帯していることその他の事情に照らして、自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがある者
  6. 病人、高齢者、年少者その他の者であって、自救能力がないことにより、その生命又は身体に危険が生じるおそれがあるもの

特異行方不明者については、行方不明者発見活動に関する規則第20条 - 第24条に基づき、受理署長が行うべき措置や特異行方不明者手配に関する手続きなどの特別な発見活動が定められている。

警察が捜索をするのは、事件に巻き込まれたり、自殺する恐れがあるものに限り、規則に基づいて発見活動を行います。

未成年者の家出は上記の定義に殆ど当てはまる事がなく、事件性がないと認識されてしまい捜索活動は一切してくれません。

 

昔から「何か起こってからでは遅すぎる」と言われているのが理解できます。

 

警察は事件性がなければ人探はしない

事件性がないからと言って、行方不明者届の意味がない訳ではありません。

パトロール中に職務質問や補導などで見つかる事もありますから、最初から警察は当てにならないと思わずに行方不明者届を出しておきましょう。

ただし、誰でも行方不明者届を出せる訳ではなく、家族等の親族、もしくは会社関係であれば雇用主が届出を出せます。

 

家出や失踪のケース

  1. 家庭問題による家出
  2. 進路の悩み
  3. 親子問題
  4. 知人の家を泊まり歩くなどのプチ家出
  5. 金銭トラブルからの失踪
  6. 愛人と暮らすなど異性問題で帰らなくなる
  7. 恋人との別れ
  8. 仕事での失敗

家出や失踪の理由は、現実から逃げたいと言う気持ちが早まり衝動的で計画性がありませんから、当てもなく彷徨っていることが多いのです。

特にお金を持たない未成年の家出の場合には、家からそんなに遠くないところにいる可能性があります。

普段の会話から出てくる友人や行動範囲を絞り込んで探してみると、見つかる場合があります。

 

未成年の家出

未成年の場合は手持ちの所持金が少ない事から、お金が掛からない友人の家で発見されるケースが多いのです。

また、友人を通して社会人の先輩などに頼る事も多いため、友人から絞り込むと見つかる可能性があります。

ただし、このケースはちょっとした不満やストレスからくるプチ家出の場合であって、学校や友達、いじめなどで思い詰めていた場合には深刻に考えた方がいいでしょう

未成年の男子の行くところ

  1. 友達の家
  2. 先輩の家
  3. 近くの公園やコンビニ
  4. ゲームセンターや繁華街
  5. ショッピングモール

女子の場合には気を付けなければいけません。男子違って性犯罪に巻き込まれる確立が非常に多いのです。

友人や知人の家を頼っても、必ずしも泊めてくれるとは限りません。

 

最近では家出人の専門サイトがあり、家出した女性が宿泊や食事などを求めて、サイトの掲示板に書き込みをします。

その書き込みを見て下心がある異性が返事をし、条件が合えば合流する流れになっています。

 

行く当てもなくどうする事も出来なければ、出会い系サイトやSNSで知り合った異性の家に転がり込む事も考えられます。

 

未成年女子の行くところ

  1. 友人知人の家
  2. 異性の家
  3. SNS、出会い系で知り合った人の家
  4. カラオケボックス
  5. 繁華街

 

人探しのポイント

人探しのポイントで1番重要になるのが初動スピードです。

未成年者の場合は成人と違って犯罪に巻き込まれやすいのが特徴です。

 

いなくなってから10日ぐらいまでが最も見つかりやすく、それ以上時間が経ってしまうと足取りが掴めなくなってしまう事が多いのです。

以前から何かに悩んでいる事が多く、行動がおかしいとなれば、いなくなった時点で不足な事態に備えて真剣に探すことをするでしょう。

 

しかし、子供の家出は思春期によくある事。すぐに戻ってくるだろうと安易に考えてしまう大人は多いのではないでしょうか。

ここでは、人探しのポイントをまとめましたのでご覧ください。

 

家出の情報を多く集める

人を探す時にはできるだけ情報量は多い方が見つかりやすいのです。

部屋にある物や持ち物、ごみ箱の中まで探すと、手掛かりになる物が見つかる事があります。

  1. 携帯電話
  2. パソコンの閲覧履歴
  3. 手帳、日記
  4. レシート
  5. 会員カードの類
  6. ゴミ箱内のメモ
  7. 旅行ガイドブック
  8. 読んでいた本の内容や付箋
  9. 車の走行距離やナビの履歴
  10. 郵便物
  11. クレジットカードの履歴

 

家出の手掛かりを見つける

パソコンの履歴に特定の場所や、SNS、家出サイトなどにアクセスしていないかも確認した方がいいでしょう。

ごも箱の中のレシートやメモ等も手掛かりになる事があります。レシートにはその店の住所が記載されていますので、行動範囲も絞れてきます。

 

スマホを置いていっているのであれば、そこから情報を得られる事もあります。

最後に掛けた発信履歴や着信履歴、lineのトークからも手掛かりがつかめるかもしれません。

 

スマホの名義が子供ではなく、親になっていればロック解除から中身の開示も可能になります。

 

人探しの3つの選択

家出人や行方不明者を探すときの方法は、大きく分けると3つになります。

一般的に知られている手段が、警察、自力、探偵となっていて、どれが1番早く見つかるかはその状況によって変わってしまいます。

 

警察の場合には事件性がないと動いてくれませんから、行方不明者届を出して連絡を待つようにしましょう。

それ以外での方法は、自力で探すか探偵に依頼する方法しかありません。

警察や探偵に依頼する前に、本当に家出なのかは確認しておきましょう。

 

家出の確認事項

  1. 本人に連絡が取れるのか(携帯電話など)
  2. 学校や勤務先に連絡をして確認を取る
  3. 友人や知人に連絡をして確認を取る
  4. よく行く場所などを確認する
  5. 本人が最後に立ち寄った場所から足取りを確認する

警察に行方不明者届を出す

最初にやる事は警察に行方不明者届を出す事です。

相手の事を気遣って、行方不明者届を出す事をためらってしまいがちですが、万が一の事を考えて必ず出しておいて下さい。

 

特異行方不明者と判断されれば、警察は積極的に捜索をしてくれます。

一般行方不明者と判断されたとしても、通常業務の巡回時に発見される可能性も捨てきれません。

 

ただし、未成年であれば警察で保護してくれますが、成人の場合には、届出者に発見した場所や日時は報告してくれますが、本人の意思を尊重するため、保護はしてくれません。

 

自力で探す

自力で探すと、最初にぶち当たる壁が個人情報の規制です。

スマホを持って家を出たなら、通信履歴やGPSの位置情報などを携帯会社に開示してもらえれば簡単に見つかります。

 

しかし、いくらこちらが緊急性を訴えたとしても、警察からの要請がない限り携帯会社は個人情報の規制で開示してくれることはありません。

自分でできる事は、残された情報を手掛かりに探していくしか方法がありません。

 

1番有効的なのは子供の友達に聞き込みをする事です。

仲がいい子ほどかばって嘘をつくこともありますが、こちらが真剣に心配している事が伝われば、本当のことを教えてくれることもあります。

 

本当に知らなくても、行きそうな場所や普段の会話から家出を匂わす発言がなかったかも聞くことが出来ます。

ただ、これも早い段階で見つけてあげないと手掛かりがつかめなくなってしまいます。

 

探偵に頼む

探偵や民間の企業に家出調査を依頼するのも間違っていません。

ただ、お金が掛かる事ですから最終手段と考えてしまう方も少なくありません。

 

人探しで1番重要な手掛かりとなるのが、聞き込みです。

行方不明者の交友関係や行きつけのお店、趣味等からフロチャートを作成して、順番に聞き込みを行うのです。

 

この聞き込み捜査で必ずぶつかる壁が個人情報の規制です。

しかし探偵はあらゆる聞き込み術を知っていますので、必要であれば潜入捜査も行います。

 

ここが素人との違いで大きく差がでます。

探偵に頼むタイミングも非常に大事で、遅ければ遅いほど発見率が下がってしまいます。

 

初期段階

いなくなってから2日~7日

当てもなく彷徨っていることが多く、 初期段階で調査を行えば高確率で発見

初期段階での未成年者などの心境は、不安と反省を繰り返し自ら戻ることを恥と思い、内心では両親に見付けて貰いたがっていることが多いです。

その為、見つけて貰えそうな自宅から差ほど遠くない範囲に潜伏します。

中期段階

いなくなってから8日~14日

家出中に知り合った人物や、地方の友人宅に 潜伏・犯罪等に巻き込まれ、発見しづらい

両親に見つけて貰えることを諦め、自力で生活出来るような安いホテルや、インターネット喫茶などに潜伏。

発見しづらい時期ですが、長期調査を行えば発見出来る可能性は有ります。

後期段階

いなくなってから15日~1ヶ月

自殺を考え、衰弱死や、病気になり倒れてしまうなど、命に関わる時期で発見しづらい

後期を過ぎると、遺体での発見、犯罪に巻き込まれての発見、または別人として新たな人生を歩き発見されることを拒み、完全失踪人になります。

後期段階では、探偵調査からの発見だけでなく、警察からの遺体での発見にもなりえます。

家出調査の発見確率は、初期段階、中期段階、後期段階のどこで探偵に依頼するかで変わってきます。

思春期は何事にも好奇心があり、悪く言えば怖いもの知らずで善悪の区別が付かず、常識で物事を考える力が大人よりも欠けている部分が多いのです。

 

家出や行方不明者を探す場合には、初期段階での調査依頼が最も発見率が高く、トラブルや犯罪に巻き込まれる前に保護する事ができます。

探偵発見率を上げるために必要な事は、情報を多く提供する事です。

 

頼む探偵にもよりますが、情報は多いほど見つかる確率は高くなり、少なければ確率は低くなります。

 

本人の基本情報

  1. 氏名・生年月日・住所(現住所、本籍地、過去の居住地)
  2. 写真(顔がはっきりわかるものと全身が写っている写真を数枚)
  3. 使用車両の車種/ナンバー
  4. 携帯電話番号
  5. 趣味や嗜好

持ち出したと思われるものの確認

  1. パスポート/保険証/キャッシュカード/免許証/衣類など
  2. 失踪の際の所持金

周辺情報

  1. 異性関係・友人関係・職場関係や学校での成績やトラブル
  2. かかりつけの病院

家出人の部屋の情報

  1. パソコンや携帯電話内の情報
  2. 書置きやメモ書き

探偵の費用

人探しを探偵に頼んだ時に掛かる費用は、各探偵社の料金体系によって違いがあります。

殆どの探偵が時間や日毎の課金制を採用していて、調査に掛かった時間や日数で費用が決まります。

初期段階での調査依頼であれば、3日~7日で見つかる事もあり費用も抑えられますが、中期や後期段階になってしまうと、ひと月以上を要する事もあります。

料金体系

時間単価 1時間ごとに課金されていくわかりやすい料金体系
1日単価 日毎に課金されていく料金体系
成功報酬制 最初に着手金を支払い、調査終了後、成功時に報酬を支払う

この料金体系は各探偵社で設定しているものですが、あまり重要視する事ではありません。

見るところは、人を探す能力が長けているかが重要になります。

 

人探しは探偵社が持つ情報網や家出人の行動心理を先読みする力、また聞き込みでも情報を引き出す話術も必要になります。

人を探す技術を優先にして探偵社を選び、相談時にどのようにして調査をしていくのかを具体的に説明して頂きましょう。

 

そして、その調査でどれくらいの確率で見つかるのかも質問してください。

人探しの相場

人探しの1日当たりの相場 人探しのひと月当たりの相場
6万円~12万円 150万円~300万円

時間単価で設定している探偵は、平均すると1時間8,000円前後で設定しています。

2名で1日8時間稼働すると128000円となります。

 

1日単価との料金の差はなく、時間単価のメリットは調査に使った時間で算出されるため、わかりやすくなっている事です。

但し、各探偵社によって最低時間(3時間から)を設けていますので、1時間だけ見て欲しいと言う事は難しいかもしれません。

 

詳しくは問い合わせ時に聞いてみるといいでしょう。

 

探偵選びのポイント

  1. 人探しを得意とする探偵
  2. 費用が相場より高過ぎない探偵
  3. リスクをきちんと説明してくれる探偵
  4. アフターケアを行ってくれる探偵
  5. 所在地の記載や探偵業届出証明番号の有無

探偵業届出番号がホームページや広告に公表していない事務所は絶対に避けましょう。

探偵選びのポイントは、人探しができる探偵を選ぶ事です。

馬鹿な事言っているなと思われてしまいますが、探偵は全てが人探しが得意な訳ではありません。

 

総合探偵社と看板を掲げている手前、人探しも調査項目に入れていますが、実際には浮気調査を専門に行っているところが殆どです。

浮気調査と人探しでは求められるスキルに大きな違いがあります。

 

浮気調査は、対象者を尾行と張り込みの技術で証拠を撮るのですが、対象者に気付かれない様に撮影するスキルがあればいいのです。

人探しに求められるスキルは、主に聞き込みがメインになります。

 

個人情報の規制が厳しくなっている状況下でいかに有力な情報を聞き出せるかは、人探しを得意とする探偵にしかできない事でしょう。

人探しは聞き込みや情報からプロファイリングしていき、どこにいるのかわからない人物の足取りを掴んでいきます。

 

見えない人物を追っていくには、かなりの能力が求められます。

しかし探偵社によって、その能力にも大きな違いがあり、どの探偵社を選ぶかでも成功率は変わってきます。

 

実力もない探偵社に間違って依頼してしまうと、お金だけが掛かってしまい何も残りません。

トラブルを防ぐには、慎重に探偵選びをする必要があります。

 

しかし本当に探偵に人探しを頼んで、見つかるのかどうか不安に思っている方は多いでしょう。

探偵の人探しの発見率は思っている以上に高いのです。

 

探偵の人探しの方法はこちらをご覧ください。

探偵の人探しの方法

 

 

人探しが得意な探偵社TOP3!

人探しは各探偵社が持つ、独自のデーターと、高い技術が発見率に深く関係してきます。早く見付けてあげるには、良い探偵社選びが絶対です。

明確で低価格な料金、豊富なデーター量、実績と高度な技術、どれをとっても満足がいく探偵社を厳選しております。

原一探偵事務所

42年の実績と信頼の探偵事務所

全国に17拠点を持つ大手老舗の原一探偵事務所は、42年の実績と信頼で数々の人探し調査を解決してきました。 料金もわかりやすい日毎の料金体系で、見積もり金額からの水増し請求や追加料金が一切掛かりません。 尾行や張り込みの技術は警察も驚くほどの能力で、調査報告書の正確性や証拠能力は弁護士も認める程です。 人探しで困っているなら、原一探偵事務所に相談してみるといいでしょう。

HAL探偵社

業界初の成功報酬・後払いシステム

全国11拠点を持つHAL探偵社は、人探しでも最もポピュラーな成功報酬制の料金体系の後払いシステムになっています。

見積もり時に予算に合わせて調査を組むことも可能です。成功率も87.2%と人探しの平均水準よりも高く、安心して依頼できる探偵社のひとつです。

成功報酬制は、調査の結果次第で成功報酬の金額が変わってきますので、依頼者としては納得がいく算出方法ではないでしょうか。

 

-人探しについて
-

Copyright© 人探し 探偵の選び方|家出 行方不明の人探しサイト , 2019 All Rights Reserved.