家出人について

家族(子供)が家出 取るべき行動と捜すポイント

捜してくれてありがとう
  • 子供を探してほしい
  • 夫・妻を探してほしい
  • 家族が失踪して心配なので探してほしい
  • 認知症の母・父を探してほしい

予測がつかなかった突然の家族の家出、普段の行動を思い返すと何か悩んでいた様子があった。何で気付いてあげられなかったんだろう。大切な家族がいなくなってしまったら、心配と不安で何も手につかなくなってしまいます。

家出をした側の本心は、探してほしいと思っているのです。ただ、家を出て行ったしまった手前、自分からは帰る事ができないのです。帰るきっかけをなくしてしまうと、人は予測がつかない行動をとってしまいます。最悪な結果になる前に、早く探してあげる事が必要です。

家出人捜しの常識

警察家出人

警察に行方不明者届(旧家出人捜索願)を出すと、2つに分類されます。その2つが、特異行方不明者(事件、事故に巻き込まれている。もしくは命に関わること)と一般行方不明者となります。特異行方不明者に分類されれば、警察は積極的に捜索を行いますが、ご家族の家出の殆どは一般行方不明者となり、警察では家出人が捜査を行ってもらえないのが現状です。

年間で10万人以上といわれる家出や失踪による行方不明者の中には、犯罪に巻き込まれたり自殺や事故に遭っている 可能性もあります。一刻も早い捜査にはプロの力が必要です。

家出人捜索願は必ず出しおく事

家族家出 対処方法

警察が当てにならない話はよく耳にすると思いますが、警察に捜索願を出せば警察のデータベースに家出人として登録されるため、補導されたり保護された時に発見される可能性が高まります。

もし、「探さないで下さい」等の書置きなどがあったとしても「そのうち帰ってくる」とは考えず、最悪のケースを想定し、必ず警察に相談される事をお勧めします。積極的に探してもらえる期待は捨ててください。警察は事件の犯人は積極的に捜査をしますが、あくまでも事件捜査をする機関であって人探しの機関ではありません。

「何か事が起こってから動く」では、探したい立場の人間からすると手遅れになってしまいます。

家出人探しは探偵に頼むと早く見つかる

探偵人探し

探偵の人探し調査で最も発見率が高いのが家出調査です。人探しの発見率を左右するのは情報量なのです。家出人調査の場合にはご家族からの様々な情報が提供されるため、発見に時間を掛けません。家族の家出がわかった時に、まず行動するのが警察への捜索願です。家出や失踪の多くは、警察に捜索願を出しても積極的には探してくれません。

家出人の捜索願の殆どが届出の受理だけで終わってしまい、警察官のパトロール中での職務質問、未成年であれば補導によって発見されるのを待つしかないのです。家出されたご家族を早く見つけ出すには、家出人=警察ではなく、家出人=探偵と認識することから始まります。

家出や失踪のパターン

  1. 家庭問題による家出
  2. 知人の家を泊まり歩くなどのプチ家出
  3. 金銭トラブルからの失踪
  4. 愛人と暮らすなど異性問題で帰らなくなる

家出は男性が多い傾向

年齢層によって、家出の理由に特徴があります。男性は、年齢問わず家出する傾向にありますが、 女性は子供さんが居ない方が家出する傾向にあります。発見時も男女によって特徴があります。 年齢問わず男性は素直に応じるのですが、 女性は素直に応じない場合がほとんどです。

若い人は“親との対立”。 漠然と心の旅に出る等、自分の将来を考えて家出します。 年齢が高くなるにつれて仕事のトラブルによる“鬱病的な失踪” とにかく現状が受け入れられなくなり脱出を試みるパターンです。

そのような人達は最終的に自殺に至るケースもあります。 更に年齢が高くなると自分自身の病気を苦にした失踪(最終的に自殺に至るケースもありま す)が増えます。

家出人調査を探偵に頼むタイミング

家出人発見率

探偵に頼むのは家出してから1週間以内

初期段階での未成年者などの心境は、不安と反省を繰り返し自ら戻ることを恥と思い、内心では両親に見付けてもらいたがっていることが多いです。その為、見つけてもらえそうな自宅から差ほど遠くない範囲に潜伏します。

中期段階では、両親に見つけてもらえることを諦め、自力で生活出来るような安いホテルやインターネット喫茶などに潜伏。発見しづらい時期ですが、長期調査を行えば発見出来る可能性は有ります。後期を過ぎると遺体での発見、犯罪に巻き込まれての発見、または別人として新たな人生を歩き発見されることを拒み、完全失踪人になります。

後期段階では探偵調査からの発見だけでなく、警察からの遺体での発見にもなりえます。家出調査を探偵に依頼する時にはいなくなってから1週間以内に頼めば、かなりの確率で見つかります。

優秀な探偵社の体制はチームで調査が基本

ごみ同様と思われるものから、手掛かりが見つかるこ ともあるので、家出人についての情報を徹底的に調べ ます。

・アドレス帳 ・スケジュール帳 ・会員カードの類 ・ゴミ箱内のメモ
・旅行ガイドブック ・読んでいた本の内容や付箋 ・車の距離計 ・郵便物

聞き込み・張り込みなどの調査と、チラシなどの配布

手掛かりをつかめたら、それをもとに、聞き込みや張り込 みなどの人海戦術での調査に入ります。必要に応じてチラ シなどを作成して配布をします。中期段階に入る前に探偵事務所に依頼をして頂ければ、 発見出来る可能性も高く、元の生活に戻れる可能性が高い傾向です。

家出かもと感じたらすぐに面談し、自宅に戻らないようなら 特急調査で直ぐに調査することをお勧めします。家出するかもと感じたり、部屋を整理したり、会社をクビになったり受験に落ちた、 何処か遠くへ行きたいなど話してたり、普段と違う行動をとっていたら要注意です。

帰って置き手紙がある、家に帰らない、会社から出勤していないと電話があるなどしたら 大至急ご依頼下さい。依頼者様は2~3日様子を見てと思われるでしょうが、手遅れになる案件が多々ありました。 大事なご家族や知人の為、まずは初期段階での依頼をしてください。

探偵に伝える家出人の情報

家出人の特徴

探偵に家出調査を頼む前に、些細な情報でも構いませんので情報を集めてください。小さな情報でも解決への糸口となることがあります。

【基本情報】

  1. 氏名・生年月日・住所(現住所、本籍地、過去の居住地)
  2. 写真(顔がはっきりわかるものと全身が写っている写真を数枚)
  3. 使用車両の車種/ナンバー
  4. 携帯電話番号
  5. 趣味や嗜好

【持ち出したと思われるものの確認】

  1. パスポート/保険証/キャッシュカード/免許証/衣類など
  2. 失踪の際の所持金

【周辺情報】

  1. 異性関係・友人関係・職場関係のトラブルや学校での成績やトラブル
  2. かかりつけの病院

【家出人の部屋には有力な情報があります】

  1. パソコンや携帯電話内の情報
  2. 書置きやメモ書き

※あなたのお宅に専門の調査員が、手がかりの情報収集に伺うことも出来ます。

 

家出調査に掛かる費用の平均

探偵に家出人調査を依頼をした場合に掛かる費用は、依頼内容や状況によって異なりますので、ここではおおよその金額だけをお教えします。探偵社では、見積もりは無料になっていますので、正確な費用は探偵社に問い合わせをしてみるといいでしょう。

簡単に説明すると、探偵費用の算出方法は次の3つになります。

1日単価(1日毎の料金設定)

基本料金(4万~5万円)+1日単価(8万円~12万円)
1日に掛かる費用は、10万~12万円

時間単価(調査員1名1/1時間の料金設定)

1時間/1名5千円~1万円
1日に掛かる費用は、6万円~12万円

成功報酬制(基本料金+成功報酬)

基本料金:10万円~12万円
調査後に支払い、10万円~70万円

家出調査の平均金額

人探しの探偵費用の算出方法は上記の3つになりますが、調査の難易度や掛かった日数、調査に費やした人数によっても費用は異なってきます。

  1. 調査員の人数
  2. 何時間、何日調査をするのか
  3. 調査の難易度

これらは、探偵の相談時にご依頼者の状況から、どれだけの日数で発見できるのかをお見積もりしてくれます。家出調査の平均金額は30万~50万円前後となります。まずは悩んでいるよりも、早めのご相談をおすすします。

家出調査の探偵事務所の選び方

人探し探偵の選び方

探偵に調査を依頼するのは、人生で1度あるかないかと思います。その1度を何の知識も持たずに探偵に依頼するのは、お金と時間を無駄にする事にもなり兼ねません。ここでは、失敗しない家出調査の探偵の見分け方を説明します。

探偵の公式HPの表記

  • 探偵業届出証明書が提出されていない。
  • 会社の所在地や代表者が表記されていない。
  • 料金表が分かりずらく明確に表記されていない。
  • 安さだけを売りにする誇大広告。
  • 国民生活センターへの苦情が多い
  • 過去に違法行為をして、行政処分を受けている。

 

面談時の対応

  • 相談が有料(公式HPに表記無し)
  • 契約時の事前説明が曖昧
  • 相談員時の対応が横暴。
  • 契約を煽るような言い方をする。
  • 「早く調査しないと大変な事になりますよ」等

契約~調査まで

  • 調査失敗した際の料金説明がない
  • 調査をなかなかしてくれない。
  • 担当者と連絡がつながらない。
  • 調査対象者を脅迫する
  • 調査員が全員アルバイト

調査報告

  • 報告書の写真の質が悪く本人確認ができない。
  • 報告が電話だけで、報告書をくれない。
  • 催促しなければ報告がこない
  • 調査の途中経過の知らせは一切できないと言われる。

良い探偵社の見分け方

  1. 探偵業届出証番号が表記されている。
  2. 代表者、所在地が表記してある。
  3. 料金が明確で、事前説明のない追加料金が掛からない。
  4. 調査料金が相場よりも高過ぎない。
  5. 調査を下請けに丸投げしない。
  6. 素人のアルバイトを使わない。
  7. 調査力や技術レベルが高い。
  8. 契約を煽らずに親身に相談にのってくれる。
  9. 調査プランの提案が豊富。
  10. 予算の打診も提案してくれる。
  11. 担当者と常に連絡が取れる。
  12. 調査の途中経過の報告をしてくれる。
  13. 調査後のこれからもサポートしてくれる。

上記のポイントを押さえておけば、探偵トラブルを未然に防ぐことが出来ます。

子供(家族)が家出のまとめ

探偵業界には、人の弱みに付け込む悪質な業者の少なくありません。高額な調査費用を要求し、実際には調査をしない詐欺探偵をはじめ、無料で利用できるフリーの人探し掲示板、宗教家、占い師、格安なんでも屋など、罠はさまざまな所に張られています。

そんな人の不幸を食い物にしている連中には、決して騙されないようご注意ください。特にインターネットでの、インチキな家出人捜索マニュアル販売には要注意です。大切な時間とお金をだまし取られるだけでなく、家出人がいると言う情報が悪質な業者達に知られる事となり、詐欺師のターゲットとなる可能性があります。

家出人調査の探偵を選ぶ時には、実績のある信頼できる探偵社を選ばれるといいでしょう。

 

 

人探しおすすめの大手探偵事務所

人探しは探偵事務所が持つ独自のデータと高い技術が発見率に深く関係してきます。早く見付けてあげるには、個人経営の探偵ではまねできない独自のデータベースが豊富な大手探偵事務所に依頼する事です。

明確で低水準の料金、豊富なデーター量、実績と高度な技術、どれをとっても満足がいく探偵社を厳選いたしました。

HAL探偵社

HAL探偵社人探し

業界初の成功報酬・後払いシステム

全国11拠点を持つHAL探偵社は、人探しでも最もポピュラーな成功報酬制の料金体系の後払いシステムになっています。

見積もり時に予算に合わせて調査を組むことも可能です。成功率も87.2%と人探しの平均水準よりも高く、安心して依頼できる探偵社のひとつです。

成功報酬制は、調査の結果次第で成功報酬の金額が変わってきますので、依頼者としては納得がいく算出方法ではないでしょうか。

 

原一探偵事務所

原一探偵事務所人探し

45年の実績と信頼の探偵事務所

全国に17拠点を持つ大手老舗の原一探偵事務所は、42年の実績と信頼で数々の人探し調査を解決してきました。 TV番組の徳光和夫の「逢いたい」。行方不明者や失踪人を探していたのは原一探偵事務所です。料金もわかりやすい日毎の料金体系で、見積もり金額からの水増し請求や追加料金が一切掛かりません。 尾行や張り込みの技術は警察も驚くほどの能力で、調査報告書の正確性や証拠能力は弁護士も認める程です。 人探しで困っているなら、原一探偵事務所に相談してみるといいでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

元探偵

日本最大規模の調査会社にて長期に渡り勤務 探偵調査から興信調査の経験を基に、様々な問題で悩まれている方に向けて最も的確なアドバイスを送ります。

-家出人について
-,

© 2020 人探し専門.com|元探偵の人探しサイト【人探し・行方調査】