家出人について

子供の家出の理由と傾向

更新日:

子供の家出の原因には、さまざまな理由があげられます。

その中でも多くの理由を占めているものが、親が口うるさいから家庭に帰りたくない、友人や恋人と一緒にいたい、学校に行きたくないなどの理由があげられます。

 

その他に、受験に失敗してその不満がたまり、現実逃避を目的に家から出て行ってしまう場合もあります。

未成年の家出の理由は、大人には大した事ではなくても、子供達は真剣に悩んでいます。

 

理解してくれない苛立ちや、自分では解決できない問題を抱えてどうする事も出来ない程に追い込まれてしまっているのです。

子供からのサインは必ずどこかで出しています。問題が子供の心の中で大きくならないうちに、大人はそれに早く気付いてあげなければいけないのです。

 

子供の家出の理由

  • 両親との不仲
  • 兄弟姉妹との不仲
  • 躾が厳しすぎる
  • 家で虐待を受けている
  • 家庭環境が荒れている
  • 異性関係とのトラブル
  • 学校、友人とのトラブル
  • 勉強、塾等の強制
  • 進路を親が理解してくれない
  • いじめ
  • 容姿などのコンプレックス

子供の家出の放置は危険

子供の家出は、いつもの事と軽く考えられてしまいます。

しかし、未成年の子供が親の元を離れて何事もなく過ごせるのでしょうか。

 

注意する人も周りにいない状況の中、子供の判断だけで危険を避けられるのかが心配になります。

家出した子供の行動を考えれば、まず居場所を探す事をするでしょう。

 

友人や先輩等の知り合いを訪ねて、とにかく匿ってくれるところを見つけます。

その行き先が、友人や先輩の家なら少しは安心できますが、当てが外れた時が怖いのです。

 

どこも匿ってくれるところがなければ、危険な誘いや誘惑に負けてしまうのが人間です。

ましてや、世間知らずの未成年の子供なら尚更です。

 

男子なら暴力団の構成員の誘いや、お金を稼げると言われて、犯罪に巻き込まれる事も考えておかなければいけません。

女子であれば、ナンパされてついて行ってしまう事も少なくありません。

 

家出少女がネットで売春「家出サイト」

  「だれか今日とめてください。まぢこまってます」――。こんなカキコミが携帯電話などのネットワーク上で頻繁にされている。家出した女子中高生が見知らぬ男性宅に「泊まる」というケースだ。ただ、「宿泊」には代償、つまり「売春」がともなう危険がある

インターネットを探してみると、家出サイトというものが存在します。

これは掲示板に書き込みをして、泊めてもらえる人を探すサイトです。

出典:http://www.j-cast.com/2007/10/28012615.html?p=all

このようなサイトを利用することで、事件に巻き込まれるケースもあれば、お金が足りなくなって援助交際へと発展する可能性も十分にあります。

たかが家出と思わずに、すぐにできる限りの対処をするようにしましょう。

 

 警察に捜索願を出す

まず最初に行うことは、警察に家出人捜索願いを提出しましょう。

きっと友達の所にいるのだろう、すぐに帰ってくるだろうという考えから、捜索願の届け出が遅れてしまうのは、なかなか戻ってこなかった時に手掛かりがなくなってしまいます。

 

たとえ数日で戻ってきたとしても、その場合には捜索願いを取り下げればよいだけなので、すぐに捜索願を提出するようにしましょう。

 

しかし危険性のある家出の場合を除いては、積極的に捜査するケースは少ないといえます。

それでも補導した際の身元確認として、捜索願いがチェックされるため、提出しておいた方がよいでしょう。

 

子供の家出を手掛かりから探す

未成年の子供が家からいなくなってしまった場合には、部屋に何が残っているかをチェックしましょう。

もしも所持金の残高がわかれば、行動できる範囲も狭められてくるため、貯金箱をチェックしたり通帳がある場合には通帳記入行って確認してみるのもよいでしょう。

 

またごみ箱には重要な手掛かりが隠れている可能性があります。

部屋をチェックする理由としては、持ち出したものを把握するために行うということです。

 

そして友人たちに聞き込みを行うのもひとつの手段といえます。

友人たちに聞き込みを行うのであれば、必ず一人ずつ行うようにしましょう。

 

もしも友人がなにかを隠しているのであれば、一人ずつ聞き込みを行うことで、必ず矛盾点が出てくるでしょう。

聞き込みで情報を手に入れることができなくても、いなくなってしまったことを広める効果が期待できます。

 

そして携帯電話の利用履歴を照会する方法も有効です。

親の名義になっているのであれば照会も簡単にできるでしょう。

 

しかし、どうしても手掛かりが掴めず、見つける事ができないのであれば、探偵に相談する事をおすすめします。

探偵の家出調査は発見率が高く、見つかった後のアフターフォローもしてくれます。

子供の家出で一番気を付けなければならないのは発見後のケアです。居所を見つけて連れ帰った家族は嬉しさでいっぱいかもしれませんが、見つかった本人の心境は複雑です。

また同じことを繰り返さないように、感情的にならないように注意しながら根気よく話し合い、家出をした原因が無くなるようにお互い努力することが大切です。

 

警察も当てにならない!自分で探してみたけど見つからない!

そんな時には、探偵に相談する事をおすすめ致します。

子供の家出調査を探偵に頼む方法

人探しが得意な探偵社TOP3!

人探しは各探偵社が持つ、独自のデーターと、高い技術が発見率に深く関係してきます。早く見付けてあげるには、良い探偵社選びが絶対です。

明確で低価格な料金、豊富なデーター量、実績と高度な技術、どれをとっても満足がいく探偵社を厳選しております。

原一探偵事務所

42年の実績と信頼の探偵事務所

全国に17拠点を持つ大手老舗の原一探偵事務所は、42年の実績と信頼で数々の人探し調査を解決してきました。 料金もわかりやすい日毎の料金体系で、見積もり金額からの水増し請求や追加料金が一切掛かりません。 尾行や張り込みの技術は警察も驚くほどの能力で、調査報告書の正確性や証拠能力は弁護士も認める程です。 人探しで困っているなら、原一探偵事務所に相談してみるといいでしょう。

HAL探偵社

業界初の成功報酬・後払いシステム

全国11拠点を持つHAL探偵社は、人探しでも最もポピュラーな成功報酬制の料金体系の後払いシステムになっています。

見積もり時に予算に合わせて調査を組むことも可能です。成功率も87.2%と人探しの平均水準よりも高く、安心して依頼できる探偵社のひとつです。

成功報酬制は、調査の結果次第で成功報酬の金額が変わってきますので、依頼者としては納得がいく算出方法ではないでしょうか。

 

-家出人について
-

Copyright© 人探し 探偵の選び方|家出 行方不明の人探しサイト , 2019 All Rights Reserved.