人探しについて

人探し【初恋の人 友人 知人 の所在を知りたい】

人探し 初恋の人
  • 学生時代の友人を探してる
  • 初恋の人を探してる
  • 恋人と突然連絡がとれなくなって心配している
  • お金を貸した知人探してる
  • お世話になった恩師を探してる

お世話になった人に、お礼も言えないまま疎遠になってしまった。学生時代にけんか別れしてしまった友人の突然の転校。ごめんねと言えなかったことがずっと胸に引っかかっている。夢に出てきた初恋の人、懐かしいあの人に逢いたいと思うと、その気持ちはどんどん大きくなってしまいます。ここでは逢いたい人の探し方を説明していきます。

Facebookで人探し

人探しで意外に役に立つのがSNSです。そのSNSの中でも代表的なFacebookでは、登録時は実名と言う人探しにはもってこいの優れものです。検索窓に探したい人の名前を入力するだけで、運が良ければすぐに見つかるかもしれません。

もし運よく逢いたい人を見つけたら、友達申請してみるといいでしょう。懐かしいあの人を偶然Facebookで見つけてつながった、そんな話をよく聞きます。「どうせ見つからないよ」と、最初から諦めないで探してみてください。

ポイントは検索時に漢字入力とアルファベット入力の両方で試してみる事です。逢いたい人がどちらで登録しているのかわからないからです。見つからなかったらその人と仲良かった友達を探してみるのもいいかもしれません。

その友達とFacebookでつながっていれば見つける事ができるかもしれません。その他にもTwitterやインスタグラムも探してみると見つかる確率は高くなります。

卒業アルバムで人探し

同じ学校の友達じゃないと、卒業アルバムから探す事は難しいとあきらめてしまいますよね。違う学校でも共通の友達がいたら、その学校の卒業アルバムを手に入れる事ができるかもしれません。卒業アルバムには当時の住所や電話番号が載っているので、引っ越しをしていなければすぐに見つける事ができます。

本人が見つからなくても、友人から聞き込みをすることで逢いたい人にたどり着くかもしれません。昔の事だからと、諦めないで探してみる価値はありです。その他にも、その学校のOBが掲示板でスレををたてている可能性もありますので、ネットで学校名+卒業生+年代で検索して見て下さい。

卒業生のスレを見つける事ができたら、そこから思いがけない情報が得られるかもしれません。

電話帳で人探し

電話帳で人探しって聞いて、「無理でしょう?」と思われた方は結構多いのではないでしょうか。それはもっともな意見で、最近のスマホ市場の拡大から見ても固定電話の使用率はかなり低いと認識されています。

若い世代は無理かもしれませんが、実家ではまだ固定電話を使用している確率は捨てきれません。住所と名前がわかるなら、NTTの104番で電話番号を調べる事ができます。NTTでは電話帳データーから電話番号を教えてくれるサービスを行っています。

住所と名前がわかっているなら、逢いたい人の電話番号を知る事ができます。昔は固定電話を使っていたけど今はわからない。その場合には国立図書館に足を運ばれるといいでしょう。国立国会図書館には膨大な数の電話帳や人探しに使える資料があります。

こちらは足を運べば誰でも自由に閲覧する事ができますので、当時の電話帳から住所がわかれば、そこから足取りを追う事も可能です。国立国会図書館は、東京本館と関西館の2か所あります。労力を掛けても人探しをしたい方は、一度足を運ばれてみるといいでしょう。

国立国会図書館

◆東京本館

千代田区永田町1-10-1

◆関西館

京都府相楽郡精華町精華台8−1−3

URL:http://www.ndl.go.jp/

 

住民基本台帳で人探し

住民基本台帳とは、市町村が、その行政区域内に住む方の住民票をまとめたものです。住民基本台帳で人探しをする場合には、探している人物の住所をある程度わかっていなければいけません。例えば、「○○県○○市まではわかるけど、番地がわからない」と言った場合等に、確認する事ができます。

住民基本台帳でわかる事。

  • 住所
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別

以前は申請すれば誰でも自由に閲覧する事ができましたが、個人情報の規制により閲覧制度が改正されてしまいました。条件を満たせば閲覧は出来ますが、個人的な人探しの理由では難しいと思っていいでしょう。

◆住民基本台帳閲覧条件

  1. 国または地方公共団体の機関が、法令で定める事務の遂行のために閲覧する場合
  2. 個人または法人が、次に掲げる活動を行うために閲覧することが必要である旨の申出をする場合
    2.1統計調査、世論調査、学術調査等の調査研究のうち、公益性が高いと認められるもの
    2.2公共的団体(例:社会福祉協議会等)が行う地域住民の福祉の向上に寄与する活動のうち、公益性が高いと認められるもの等

営利目的の閲覧はできません。人探しの目的が裁判や訴訟によるものであれば閲覧できる可能性がありますので、申請を試みてもいいかもしれません。それ以外の初恋の相手を探している等の個人的な理由では、申請は通らないでしょう。

基本的には、住民基本台帳での人探しは無理と言ってもいいかもしれません。

人探しサイトで人探し

  1. 人探し専門サイト
  2. 人探し掲示板
  3. ひと探し情報サイト

人探しサイトは上記のものが一般的で、SNSや掲示板を利用して全国に探している人物の情報発信、共有する事ができます。人探しサイトは無料で利用できることから、様々な理由で人を探している方からの書き込みが多く、情報が散乱しているのが特徴です。

主に人探しをしている人物がサイトを訪問するために、不特定多数の人物に向けての情報共有は難しいのかもしれません。

人探しサイトのメリット

人探しサイトのメリットは、無料で全国に情報発信できるところです。探している人物の名前、写真、特徴等を記入して投稿すれば、サイト訪問者から情報を得られるメリットがあります。サイト訪問者は人探しをしている人が多いので、有力な情報は望めないかもしれません。

逆に言ってしまえば、詐欺等の犯罪者を捜したい時等は、同じ被害にあわれた方と情報共有ができる可能性があります。見つかる確率は低いかもしれませんが、保険として投稿するならいいのかもしれません。

人探しサイトのデメリット

人探しサイトのデメリットは、探している人物の個人情報が全国に発信される事です。初恋の相手や、恩師、友人などを探す時には、相手に迷惑が掛からない様に注意が必要です。もし、自分の個人情報がサイトに投稿されていたら、あまりいい気分にはなりませんよね。

情報の投稿の仕方にもよりますが、詐欺や犯罪等で人を探す時には相手への戒めにもなりますので、そう言った効果は望めるでしょう。

探偵による人探し

上記の方法で人探しをしても見つからなかったら、最後に頼るのは探偵しかありません。探偵に頼むとお金は掛かりますが、1番効果がある方法と言えるでしょう。人探しと言えば警察が頭に浮かびます。日本の警察は世界で優秀と評価されている事もあり、手配を掛ければ特定の人物を捜すのに時間は掛からないでしょう。

家出や人探しの様な個人的な理由で国家権力を動かす事は出来ません。刑事事件を専門に扱う警察を動かすには、重大な犯罪や事件などに巻き込まれた場合に限ります。警察が動いてくれない人探しの場合に救世主となるのが探偵です。

ある意味、警察よりも人探しの能力が優れているのが探偵です。刑事事件の専門が警察なら、民事の専門が探偵です。

探偵は人の情報を探るのが仕事です。

探偵がなぜ人探しに優れているかと言うと、独自の情報網にヒントがあります。個人では調べられない情報を探偵はあらゆる手段を使って調べる事ができます。欲しい情報がどこにあるかを知っているのです。ひとは生きていく以上、必ず人と関わり様々な記録を残していきます。その記録をたどる事で、探している人物にたどり着けるのです。

人が生きていくうえで残していく情報とは

  • 物を購入する事での記録(通販など)
  • ポイントカード、各種カードの発行
  • レンタルビデオの会員
  • アンケート調査の記録
  • 不動産名義
  • 宅配ピザの注文記録
  • 車の購入記録
  • その他
※探偵が持っていない情報は、法律に違反していない業者から購入します。そのために探偵の調査費用は高くなるのです。

この記録は年を重ねるごとにデーター量は増えていきます。探偵は人探しの情報から、独自のデーターシステムで検索を掛ける事で探している人物にたどり着けるのです。この独自のデーターから人探しや所在を調べる事をデーター調査と言います。

探偵はデーター調査と聞き込みで探す

探偵の人探しは依頼者からの情報を基にデーター調査を行います。情報量が多く、簡単な調査であれば即日に結果が出ます。「名前と顔はわかるけど、どこに住んでいるのかはわからない。わかるのは最寄りの駅ぐらいです。」と言ったような情報では、データー調査ができません。

この場合には、写真などがあれば周辺駅の張り込みや聞き込み調査に切り替えるのです。その情報が新しければ発見率は高くなりますが、1年以上も前の情報では難しい調査となってしまいます。

そのために探偵は依頼者から様々な情報引き出し、調査ができるのかを判断します。「こんな事が調査に必要なの?」と思われますが、どんな情報でも手掛かりにつながって、探している人物の足取りを掴むことができるのです。

例えば、「そう言えば、あそこの美容室によく行っていたと話していたな。」この様な情報からでも発見につながるのです。その人物を最後に見かけた場所にたどり着くことが出来れば、発見までの時間は掛かりません。

まとめ

人探しは経験と実績、探偵社が持つ情報網によって成功率も変わってきますから、探偵に人探しを依頼する際には人探しを得意とする探偵社を選ぶ必要があります。絶対に気を付けてほしいのが、安いからと言って安易に頼まない事です。

私が知っている限りでは、「高いお金を払ったのに、大した情報も掴めなかった」と言う声も少なくありません。人探しは経験と実績がある探偵に頼むことをおすすめ致します。

 

人探しおすすめの大手探偵事務所

人探しは探偵事務所が持つ独自のデータと高い技術が発見率に深く関係してきます。早く見付けてあげるには、個人経営の探偵ではまねできない独自のデータベースが豊富な大手探偵事務所に依頼する事です。

明確で低水準の料金、豊富なデーター量、実績と高度な技術、どれをとっても満足がいく探偵社を厳選いたしました。

HAL探偵社

HAL探偵社人探し

業界初の成功報酬・後払いシステム

全国11拠点を持つHAL探偵社は、人探しでも最もポピュラーな成功報酬制の料金体系の後払いシステムになっています。

見積もり時に予算に合わせて調査を組むことも可能です。成功率も87.2%と人探しの平均水準よりも高く、安心して依頼できる探偵社のひとつです。

成功報酬制は、調査の結果次第で成功報酬の金額が変わってきますので、依頼者としては納得がいく算出方法ではないでしょうか。

 

原一探偵事務所

原一探偵事務所人探し

45年の実績と信頼の探偵事務所

全国に17拠点を持つ大手老舗の原一探偵事務所は、42年の実績と信頼で数々の人探し調査を解決してきました。 TV番組の徳光和夫の「逢いたい」。行方不明者や失踪人を探していたのは原一探偵事務所です。料金もわかりやすい日毎の料金体系で、見積もり金額からの水増し請求や追加料金が一切掛かりません。 尾行や張り込みの技術は警察も驚くほどの能力で、調査報告書の正確性や証拠能力は弁護士も認める程です。 人探しで困っているなら、原一探偵事務所に相談してみるといいでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

元探偵

日本最大規模の調査会社にて長期に渡り勤務 探偵調査から興信調査の経験を基に、様々な問題で悩まれている方に向けて最も的確なアドバイスを送ります。

-人探しについて
-

© 2020 人探し専門.com|元探偵の人探しサイト【人探し・行方調査】