自分でできる人探し

スマホや携帯のロックを解除して情報を集める(家出)

子供の家出や家族の家出、何の手掛かりもなく突然いなくなってしまったら心配です。

 

唯一残されたものがスマホや携帯電話だったら、そこから手掛かりになる情報が見つかるかもしれません。

 

問題は残されたスマホがロックがされているのか、されていないのかです。

 

もし、スマホのロックがされていたら、情報を見つける事は難しいかもしれません。

 

でも、諦めないで下さい。

 

子供の携帯の名義人が親なら解除できる

各ショップでのロック解除は、個人情報の規制によって名義人以外のロック解除は受け付けてくれません。

 

しかし、携帯電話を購入した時の名義が子供ではなく親の名義の場合、各キャリアのショップに持っていけばロック解除をしてくれます。

 

名義人以外で解除ができる場合は、事件性があり、警察の指示があればショップで解除ができます。

 

スマホのロックの種類はどれくらいあるの

スマホと言えば、androidとiosの2つがメインになります。

 

どちらが多いかと言うと、日本ではiosがandroidの倍のシェアを獲得しています。この2つを簡単に説明するとパソコンで言う、MacとWindowsと同じです。

 

このiosを搭載しているスマホがiPhoneで、それ以外がandroidと思ってください。

 

まず、この2つのスマホの画面ロックの種類を説明していきます。

 

iPhoneの画面ロック方法

  • touch ID:指紋認証
  • face ID:顔認証
  • apple ID

パスコード:4ケタ、6ケタ

iPhoneの画面ロック方法は、主にtouch IDと指紋認証になります。iTunes等の同期しているPCにつなぐ場合には、apple IDを求められます。

 

1度iTunesにつないでいれば、パスコード無しでPCに同期できる事もありますから、試してみる価値はあります。

 

指紋認証(touch ID)

指紋認証の解除方法は、本人の指紋以外解除は出来ません。

本人が行方不明になっている場合には、解除方法は無理と思っていいでしょう。

しかし、指紋を作る事ができれば解除ができる可能性はあります。

インクジェットプリンターで指紋を複製!スマホのロックを解除する衝撃動画が公開!

パスコード

iPhoneのパスコードは、4ケタと6ケタの両方があります。最初のロック画面で、どちらで設定しているかは確認できます。

 

iPhoneは間違えすぎると、同期しているパソコン(iTunes)につながないとロック解除が出来なくなります。

 

「パスコードを10回間違えるとデーター消去」を設定していると、データー消去の画面が表示されてしまいます。

 

iTunes等にバックアップを取っていれば問題はありませんが、バックアップを取っていなければ、工場出荷状態になってしまいます。

 

  1. 6回失敗→1分間使用不可
  2. 7回失敗→5分使用不可
  3. 8回失敗→15分使用不可
  4. 9回失敗→60分使用不可
  5. 10回失敗→60分使用不可
  6. 11回失敗→iTunesに接続しない限り使用不可

 

アンドロイドの画面ロック方法

アンドロイドの画面ロック方法で代表的なのが、パターンロックと4ケタのロックN.oになります。

 

日常で普通にスマホを使うのであれば、複雑なパスワードは設定しないでしょう。

 

パターンロック

パターンロックは、9個の点を線で結ぶ一筆書きで解除する仕組みになっています。

 

時間を掛けずにロック解除できるので、常にスマホを使う人に向いているロック方法です。よく使われているパターンが下になります。

  1. アルファベット:ABCD
  2. 図形:◇△□
  3. 数字:12345

アンドロイドのパターンロックを5回間違えると30秒間使えなくなりますが、30秒後にまた、パターンを入力する事ができます。

 

パスワード

パスワードは、4~17字の英数・記号を組み合わせた「パスワード」で解除するロックです。複雑な組み合わせをすることで、セキュリティを高めます。

 

4ケタの数字と違い簡単に解除する事ができません。

 

ロックN.O

ロックN.Oは、4ケタの数字を入力する事で解除できる簡単なロック方法です。

 

4ケタの数字をランダムに組み合わせると1万通りもありますが、人は覚えやすい数字をパスワードに設定するので、まずは誕生日、西暦、結婚記念日、車のナンバーなどを考えながら試してゆきましょう。

 

パスワードを流用している事も多いので、思い当たるパスワードがあれば試してみる価値はあります。

 

Androidの場合は5回失敗すると30秒間パスワードが入力ができなくなりますので、予めいくつかの候補をあげておきましょう。

 

最も多く使用されているパスワードが「1234」「1111」「1212」です。その他にぞろ目の「7777」「9999」や等も試してみる価値はあるかもしれません。

PIN

PINは端末のSIMにロックを掛けるもので、3回続けて間違えると完全にロックが掛かり、何もできなくなります。

 

ロック解除するには、端末の名義人がキャリアのショップに持っていくしか方法がありません。

 

まとめ

スマホや携帯のロックを解除する裏技的なものは殆ど存在しません。簡単にロックを解除できたら、メーカーの信用性が無くなってしまうのです。

 

たとえ裏技があっても、悪用を避けるために一般には公開される事はないでしょう。

 

家出や失踪で、スマホや携帯が残されていれば、その中には家出の理由や情報が見つかる可能性があります。

 

しかし、その情報から家出人の発見にたどり着くのは素人には難しい事でしょう。それであれば、探偵にロックが掛かったスマホを持っていき調査をお願いした方がいいでしょう。

 

自分で家出人や失踪者の調査をすれば、それだけ時間が掛かり発見率が下がってしまいます。家出人や失踪者は、いなくなってから10日間以内に調査をする事で見つかっています。

 

時間が経てば経つほど足取りを追う事が難しくなることが予測できますので、早めに探偵に相談する事をおすすめ致します。

 

 

人探しおすすめ探偵事務所

人探しは探偵事務所が持つ、独自のデーターと高い技術が発見率に深く関係してきます。早く見付けてあげるには良い探偵社選びが絶対です。

明確で低価格な料金、豊富なデーター量、実績と高度な技術、どれをとっても満足がいく探偵社を厳選いたしました。

原一探偵事務所

原一探偵事務所人探し

42年の実績と信頼の探偵事務所

全国に17拠点を持つ大手老舗の原一探偵事務所は、42年の実績と信頼で数々の人探し調査を解決してきました。 TV番組の徳光和夫の「逢いたい」。行方不明者や失踪人を探していたのは原一探偵事務所です。料金もわかりやすい日毎の料金体系で、見積もり金額からの水増し請求や追加料金が一切掛かりません。 尾行や張り込みの技術は警察も驚くほどの能力で、調査報告書の正確性や証拠能力は弁護士も認める程です。 人探しで困っているなら、原一探偵事務所に相談してみるといいでしょう。

HAL探偵社

HAL探偵社人探し

業界初の成功報酬・後払いシステム

全国11拠点を持つHAL探偵社は、人探しでも最もポピュラーな成功報酬制の料金体系の後払いシステムになっています。

見積もり時に予算に合わせて調査を組むことも可能です。成功率も87.2%と人探しの平均水準よりも高く、安心して依頼できる探偵社のひとつです。

成功報酬制は、調査の結果次第で成功報酬の金額が変わってきますので、依頼者としては納得がいく算出方法ではないでしょうか。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

元探偵

日本最大規模の調査会社にて長期に渡り勤務 探偵調査から興信調査の経験を基に、様々な問題で悩まれている方に向けて最も的確なアドバイスを送ります。

-自分でできる人探し
-,

Copyright© 人探し専門.com|元探偵の人探しサイト【人探し・行方調査】 , 2020 All Rights Reserved.