人探しの費用について

人探し料金・費用相場

探偵 人捜しの費用

人捜しを探偵に頼むと「いくらかかるんだろう?」真っ先に頭に浮かぶのではないでしょうか。

 

日常の生活で探偵に頼むことはそうある事ではありませんから、人捜し料金費用相場を知るすべがありません。

 

人捜しや行方調査の平均費用は、30万円から100万円前後になります。調査の難易度や依頼者の提供する情報量によっても費用は変動していきます。

 

人探し専門.comでは、人探しを探偵に頼むといくらかかるのか、探偵料金相場を解説していきます。

 

人捜しの料金相場

現在探偵業として登録している企業や個人は、5000社以上あります。探偵料金は統一されたものが一切ありませんから、5000社以上ある探偵社の料金全てにおいて違いがあると思っていいでしょう。

 

料金に違いがありますが、料金の算出方法は殆ど同じような体系となっています。その料金算出方法を大きく分けると3つになります。

3つの料金プラン

人探し3つの料金プラン

時間制プラン、日毎プラン(パック料金)、成功報酬プランの3つになります。

 

時間制プランは、調査員1名の人件費が1時間毎に加算される料金体系となっています。時間を決めて調査を行う事で、費用負担が軽くなります。

 

日毎プラン(パック料金)は、調査に必要な人員(3名~6名)機材、車両の全てが基本料金の中に含まれた、1日毎に加算される料金体系です。調査日数が増えるごとに1日の単価が安くなるパックプランも用意されています。そうする事で費用をおさえる事ができます。

 

成功報酬は最初に着手金を払い、調査の結果で成功報酬を支払います。1番お得感がある料金体系に思われがちですが、探偵社の「何をもって成功なのか」をハッキリ決めておくことが必要です。また、人探しは経費がかかる調査でもありますので、難易度によって着手金の金額に大きな変動があります。

 

料金算出方法と単価

料金体系単価相場
時間単価1時間1名1万円前後
1日単価1日10万円前後
(パックプラン)まとめ割(3日で25万円・7日で60万円等)
成功報酬着手金20万円前後(成功報酬50万円前後)

家出調査は、人探しの中でも見つかりやすく発見率が高い調査です。

 

難易度の高い行方不明者の調査に比べて、ご家族からの頂ける情報が多いので、足取りが掴みやすいのです。

 

料金も日数が掛からなければ、思ったよりも安く済みますから、負担が軽く安心して依頼できる事でしょう。

 

時間を決めた調査・時間制プラン

時間単価のメリット

 

居場所の大体の予測はついているけど、自分で探すのは大変など、1日のうち何時間かを調査してもらいたい時には時間単価は効率的です。

 

長期間の調査をすれば、料金も加算されて高くなることが予想できます。しかし、料金負担を考えて1日の時間を決めて調査をしてもらえば、料金を安く押さえる事ができます。

 

時間単価のデメリット

 

1日5時間以上に及ぶ家出調査をする時には、時間単価では高く付くことがあります。この様に時間が掛かったり、長期に及ぶ調査を依頼する時には、日毎単価(パック料金)の方が安くなります。

 

日数が掛かる調査・日毎プラン(パック制)

1日単価のメリット

 

必ず見つけてほしいと言うと、他の料金体系に語弊を招いてしまいますが、1日単価の特徴は「まとめ割」がききます。

 

1日の単価は決まっていますが、まとめた日数でご依頼される事で「まとめ割が」適用されます。

 

時間単価は1時間毎に課金されていくので、何も気にしないで家出調査をお任せしてしまうと、かなりの高額な調査料金になってしまいます。

 

その点1日単価(パック料金)では、家出の状況から難易度を見極めて、家出人が見つかるまでの調査に掛かる日数や費用を見積していただけます。

 

余程の事がない限り、見積もりを超えての請求が来ることはありません。

 

1日単価のデメリット

 

日毎単価では、短時間の調査の時には高くついてしまう事があります。

 

家出調査ではあまりない事なのですが、2~3時間だけ調査をしてもらいたい時も「1日分の調査料金」が掛かってしまいます。

 

例えば、家出調査を依頼して3時間後に発見された場合でも1日分の調査料金となります。

 

見つかったら支払う・成功報酬プラン

成功報酬のメリット

 

家出調査の料金体系で最も多いのが成功報酬制です。成功報酬制は最初に着手金を支払い、調査の結果後に成功報酬を支払う後払い制になっています。

 

探偵の料金に不安がある方には、安心できる料金システムとなります。

 

成功報酬のデメリット

 

成功報酬制と聞くと「見つからなかったら0円」と思われますがあり得ません。

 

探偵側も経費をかけて調査を行うのですから、見つからなかった場合に0円では経費も出ずに赤字になってしまいます。

 

成功報酬は最初に着手金を支払い、調査の結果によって成功報酬を支払います。着手金は調査を行うための必要経費、成功報酬が調査料金となります。

 

成功報酬制で人探しを依頼されると、着手金は掛かると言っていいでしょう。

成功報酬・難易度による料金の変動

難易度A100000~200000円
難易度B200000~300000円
難易度C300000~500000円
難易度D500000~700000円
難易度C700000~1000000円以上

表のように、成功報酬は難易度によって変わってきます。

 

また、正確な料金は「いついなくなったのか」「自分の意思でいなくなったのか」「書置きがあったのか」等の家を出た状況や理由、家出した人物の情報量によっても大きく変わります。

 

情報量が多ければ難易度A~Bとなり、料金も安く押さえる事ができます。逆に情報量が少なければ、発見までの時間が掛かってしまいますから難易度は高くなります。

 

だからと言って、自分で情報を集めるために時間や日数を掛けるのはやめた方がいいでしょう。家出調査の発見率は「初動調査」に掛かっています。

 

いなくなってから時間を掛けずに調査をする事で、早い段階で発見されています。

 

人捜しの費用相場のまとめ

探偵に家出調査を頼むときに、気になってしまう料金についてまとめてみました。

 

実際には、調査に掛かる費用を見積していただけますので、料金体系はあまり気にしなくてもいいのでしょう。

 

家出調査は、初期段階での調査が発見率が高くなりますので、依頼までのスピードまでが求められます。

 

人探し専門.comでも、信頼できる料金体系の探偵社を取り上げていますので、家出調査を探偵にお願いしたい時には参考にして下さい。

 

 

人探しおすすめの大手探偵事務所

人探しは探偵事務所が持つ独自のデータと高い技術が発見率に深く関係してきます。早く見付けてあげるには、個人経営の探偵ではまねできない独自のデータベースが豊富な大手探偵事務所に依頼する事です。

明確で低水準の料金、豊富なデーター量、実績と高度な技術、どれをとっても満足がいく探偵社を厳選いたしました。

HAL探偵社

HAL探偵社人探し

業界初の成功報酬・後払いシステム

全国11拠点を持つHAL探偵社は、人探しでも最もポピュラーな成功報酬制の料金体系の後払いシステムになっています。

見積もり時に予算に合わせて調査を組むことも可能です。成功率も87.2%と人探しの平均水準よりも高く、安心して依頼できる探偵社のひとつです。

成功報酬制は、調査の結果次第で成功報酬の金額が変わってきますので、依頼者としては納得がいく算出方法ではないでしょうか。

 

原一探偵事務所

原一探偵事務所人探し

45年の実績と信頼の探偵事務所

全国に17拠点を持つ大手老舗の原一探偵事務所は、42年の実績と信頼で数々の人探し調査を解決してきました。 TV番組の徳光和夫の「逢いたい」。行方不明者や失踪人を探していたのは原一探偵事務所です。料金もわかりやすい日毎の料金体系で、見積もり金額からの水増し請求や追加料金が一切掛かりません。 尾行や張り込みの技術は警察も驚くほどの能力で、調査報告書の正確性や証拠能力は弁護士も認める程です。 人探しで困っているなら、原一探偵事務所に相談してみるといいでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

元探偵

日本最大規模の調査会社にて長期に渡り勤務 探偵調査から興信調査の経験を基に、様々な問題で悩まれている方に向けて最も的確なアドバイスを送ります。

-人探しの費用について
-,

© 2020 人探し専門.com|元探偵の人探しサイト【人探し・行方調査】