探偵興信所について

探偵の人探し方法と成功率 どうやって見つけるのか?

探偵人探し方法

探偵の人探しの成功率は90%と言われています。「どうやって人を探すのか?」「本当にみつかるの?」「探し方を具体的に説明してくれないと、信用できない!」私が探偵をやっていた時に、よくお客様から頂いた疑問です。探偵の人探しの方法は極秘調査ですから殆どが情報公開されていません。

結果的に見つけてくれて、法律に触れる調査でなければ誰も不満はありませんよね。探偵はある意味法律のすれすれのところで調査を行っています。探偵の人探し方法の全てを情報公開する事はできませんが、ほんの少しだけここでお見せいたします。

はじめまして。サイト管理人の田中好太郎です。以前は大手探偵事務所に所属し、調査員からアドバイザーを兼任しておりました元探偵です。現在は探偵調査をメインに記事を書いているフリーライターです。よろしくお願いいたします。

探偵の人探しの方法は聞き込みとデータ調査

人探しの調査方法を大きく分けると2つになり、その2つが聞き込みとデータ調査となります。そして情報を少しでも多く集めるために行方不明者の情報のビラもまきます。人を探すなら人に聞いた方が見つかる確率は高いのです。

人探しにおけるデータ調査と聞き込みについて説明していきます。

データ調査

人探しデータベース

データー調査とは、探偵独自のデータベースに探したい人物を検索に掛ける事を言います。このデータベースは、データ屋(名簿屋)から購入したものや探偵が持つ情報網から入手したものがベースになっています。このデータも新しい物であれば問題はないのですが、古いデータベースをそのまま使っている探偵社では人探しは頼まない方がいいでしょう。

資金力がある大手の探偵社では、最新のデータを入手していますから発見率も高くなります。データベースが一体どんな内容なのかは、気になるところですよね。あなたの自宅に掛かってくる営業電話、電話番号を教えてないのに、いかにも家族構成を知っているかの様に電話がかかってきたことはありませんか?

受験生を対象にした営業や成人式の振袖のレンタルや販売、個人情報がどこかで漏れているとしか考えられないような電話が掛かってきますよね。あなたがどこかで買い物したり、ポイントカードを作ったり、アンケートに答えた情報が名簿業者に売られているのです。

これが違法かと言うと、法律で規制されていないのが実情です。個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)第23条第2項で、本人からの削除申請を条件に、個人情報取扱事業者が本人の同意もなく個人情報を第三者に提供、有料で販売することを認めています。

販売されているデータベース

  • 乳児
  • 七五三対象児
  • 幼稚園入園児
  • 小・中・高校生
  • 大学生
  • 成人式
  • 結婚適齢者
  • 主婦
  • 高卒女子名簿
  • 老人ホーム
  • 癌患者

訪問販売のデータベース

  • リフォーム・床下換気扇
  • 高額健康治療器
  • 高額羽毛布団
  • 損害保険
  • 投資マンション
  • 浄水器

富裕層のデータベース

  • 財テク関係・セミナー参加者
  • 上場企業株保有者
  • 節税対策セミナー参加者
  • ティファニー会員登録者
  • 投資信託
  • デパート外商トップランク

携帯番号データベース

  • 名前
  • 住所
  • 携帯電話番号
  • 性別
  • 生年月日

この様に約数千万人の情報が有料で販売されています。探偵は独自の情報網や名簿業者から購入した個人情報を基に、独自のデータベースを開発して人探しに活用しているのです。このデータベースを作り上げ、常に最新のものに更新して維持してくための経費は相当なものです。

人探しの成功率を左右させるのは、探偵の独自データベースがポイントになります。例えば、下にある情報だけで人探しをする場合にも、一度データベースに検索をかけます。

行方不明者情報

名前:田中までしかわからない

住所:神奈川県のどこか

携帯番号:以前の番号のみ

情報:趣味が釣り、二十歳の娘さんがいる(名前ゆりこ)

データベースで引っ掛かったけど確信が持てない場合には、その裏付けを取るために聞き込み調査に移行します。逆に検索に引っかからない場合には少ない情報から聞き込みを行い、得られた情報からデータベースに検索をかける事もあります。

とは言っても、人探しの基本は聞き込みにかかっているのです。聞き込みでいかに有力な情報を掴むことができるのかは、各探偵社が持つスペックに掛かっているのです。

人探しの聞き込み調査

人探し聞き込み調査

聞き込みと聞くと、「そんな原始的な方法でみつかるの?」と思われてしまいますが、人は生きていくうえで必ず人と接触します。どこかで人と関わっていれば、探している人物への足取りを掴むことが可能です。

探偵の聞き込みは、いかに相手に怪しまれずに有力な情報を聞き出せるかがポイントです。素人が聞き込みをやると相手に怪しまれて情報を聞き出すことが出来なくなってしまいます。個人情報にうるさくなった現代では、昔の様に簡単に聞き出すことは難しくなってしまったのでしょう。

探偵は違います。有力な情報を持っている人物にあらゆる手段を用いて接触していき、怪しまれる事なく情報を聞き出す術を持っているのです。探偵はその人物がどういう性格で、何に興味があるのかも調べていますので、簡単に接触ができるのです。

必要とあれば情報料を渡す事もあります。大概の人はここで持っている情報を話してくれるのです。この様に探偵はデータ調査と聞き込みを使って、依頼者が探している人物の足取りを掴んでいきます。

自分では少ない情報と思っても、意外に引き出せる情報が見つかる事があります。少ない情報でも探している人物に上手くつながる事もありますから、諦める事はしないで探偵社に相談する事をおすすめ致します。

まとめ

大切な人を探す時、最初に頼るのは警察です。警察は事件性のない人探しは積極的に行ってはくれません。警察の捜索願いを提出するのはいい事ですが、探してくれる期待はしない方がいいでしょう。そうなった時の最後の頼みは「探偵です。」

探偵の人探しの成功率は高く90%と言われています。予算を気にせず調査を続けられれば成功率は100%と言えるでしょう。警察と違い事件性がなくても必死になって捜索を続けてくれます。人探しは探偵の専売特許のようなものです。

人探しでお困りの時には探偵に頼ってみてください。必ずあなたの大切な人を探し出してくれることでしょう。

人探しおすすめの大手探偵事務所

人探しは探偵事務所が持つ独自のデータと高い技術が発見率に深く関係してきます。早く見付けてあげるには、個人経営の探偵ではまねできない独自のデータベースが豊富な大手探偵事務所に依頼する事です。

明確で低水準の料金、豊富なデーター量、実績と高度な技術、どれをとっても満足がいく探偵社を厳選いたしました。

HAL探偵社

HAL探偵社人探し

業界初の成功報酬・後払いシステム

全国11拠点を持つHAL探偵社は、人探しでも最もポピュラーな成功報酬制の料金体系の後払いシステムになっています。

見積もり時に予算に合わせて調査を組むことも可能です。成功率も87.2%と人探しの平均水準よりも高く、安心して依頼できる探偵社のひとつです。

成功報酬制は、調査の結果次第で成功報酬の金額が変わってきますので、依頼者としては納得がいく算出方法ではないでしょうか。

 

原一探偵事務所

原一探偵事務所人探し

45年の実績と信頼の探偵事務所

全国に17拠点を持つ大手老舗の原一探偵事務所は、42年の実績と信頼で数々の人探し調査を解決してきました。 TV番組の徳光和夫の「逢いたい」。行方不明者や失踪人を探していたのは原一探偵事務所です。料金もわかりやすい日毎の料金体系で、見積もり金額からの水増し請求や追加料金が一切掛かりません。 尾行や張り込みの技術は警察も驚くほどの能力で、調査報告書の正確性や証拠能力は弁護士も認める程です。 人探しで困っているなら、原一探偵事務所に相談してみるといいでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

元探偵

日本最大規模の調査会社にて長期に渡り勤務 探偵調査から興信調査の経験を基に、様々な問題で悩まれている方に向けて最も的確なアドバイスを送ります。

-探偵興信所について
-,

© 2020 人探し専門.com|元探偵の人探しサイト【人探し・行方調査】