家出人について

人探しの緊急性|鬱病で家出や失踪した場合の自殺の可能性は?

更新日:

家出や失踪は、その人が抱えている問題や悩みの解決方法の手段のひとつです。

若い人は“親との対立”。

 

漠然と心の旅に出る等、自分の将来を考えて家出します。

年齢が高くなるにつれて、仕事のトラブルによる“鬱病的な失踪”

 

とにかく現状が受け入れられなくなり脱出を試みるパターンです。

そのような人達は最終的に自殺に至るケースもあります。

 

更に年齢が高くなると、自分自身の病気を苦にした失踪(最終的に自殺に至るケースもあります)が増えます。

家出や失踪は、探してあげる事は勿論ですが、見つかった後の心のケアが1番大切なのです。

 

心のケアをしてあげなければ、また同じことを繰り返してしまいます。

そんな辛く苦しい思いから救ってあげられるのは、家族の支えしかありません。

 

思い悩んで選択した失踪や家出は、早急に見つけてあげて下さい。

 

疾病関係の失踪は行方不明者数の3割以上

平成26年度の行方不明者数が81193人となっており、そのうち疾病を苦に失踪をした人数が16498人、認知症が10783人となっています。

疾病、認知症が問題で失踪した人数は、行方不明者数の3割以上を占めていると言う深刻な問題になっています。

 

また疾病関係の失踪は、思い詰めたうえでの行動となりますから、最悪な事態になる前に見つける事をして下さい。

 

警察庁発表の自殺者総数

平成28年中における自殺者数の総数は、21,897人で、前年に比べ2,182人(8.9%)減少しておりますが、うち11,014人が健康問題が原因となっています。

年代別自殺者総数を見てみると、「40代」が3,739人で全体の17.1%を占め、次いで「50代」(3,631人、16.6%)、「60代」(3626人、16.6%)、「70代」(2,983人、 13.6%)の順となっています。

 

様々な要因の連鎖による自殺行動

 

自殺の要因

自殺行動は、様々な要因や原因が複合的に連鎖をしている中でおきています。

 

健康問題(鬱病、統合失調症等)による自殺

健康問題は、精神的な疾患から肉体的な疾患までを指します。

認知症や統合失調症、鬱病、重い病気に悩まされている等、自殺の動機で1番多いのが、この健康問題です。

 

男女別でみてみると、女性が健康問題で男性は経済・生活問題での動機が多いとなっています。

まじめな人ほど、抱えきれないストレスを感じてしまうと、自殺をしてしまうのかもしれません。

 

認知症が原因での自殺

まず最初に結論から言ってしまうと、認知症の自殺者はほとんどおりません。

認知症は自分で考えをまとめる力が衰えているために、自殺する考えは持てないのです。

 

疾患関係の行方不明者のうち、6割以上が認知症が原因と言われています。

自分の意思に反して徘徊や家出をしてしまい、自力で家に帰る事ができません。自殺するというよりは、事故に巻き込まれてしまう事が原因となっています。

 

持病が原因での自殺

長い間重い病気に悩まされ、「いつ治るのか、それとも一生このままなのか?」病気のために、人生諦めてしまうその辛さや苦しみは本人にしかわかりません。

「もう治らないなら、このまま自殺してしまった方が楽なのかもしれない......」今の苦しみから抜け出す間違った選択をしてしまいます。

 

また病気が直接的な原因でなくても、医療費が家計の負担になる事を思い詰めて失踪してしまうケースもあります。

自分が病気にならなければ.....と、悲観してしまい、思い詰めて死に場所を求めて、失踪してしまうのです。

 

鬱病が原因での自殺

健康問題の中でも鬱病が42.1%を占めています。

鬱病の主な原因は精神的なストレスとなっており、仕事、親子や夫婦間のトラブル、借金問題や出産、育児等のストレスが原因と言われています。

 

鬱病の症状として、気分が落ちる、集中力が無くなる、体がだるい、異常な疲労感等があげられます。

鬱病の症状で危険なのが自殺願望が出る事です。今の苦しみを終わらせるために自殺を選んでしまうのです。

 

鬱病になると、物事をネガティブに捉えてしまいますから、自分の存在価値を見いだせなくなってしまい、自殺してしまうケースがあります。

自殺願望は鬱病の症状が悪化してなる事ではなく、初期症状でも現れますので、注意が必要です。

 

重い病気や鬱病の家出や失踪は、早急に探してください

この様に、病気や鬱病で家出や失踪をする半数以上が、自殺行動をとってしまう傾向にあります。

疾病で悩まれている身内の方がいらっしゃるのであれば、常日頃から注意が必要です。

 

多くの疾病者の方は、心に大きな悩みを抱えています。

身内の方の支えと、心のケアが必要になります。

 

万が一、家出や失踪をされてしまったら、早急に警察に連絡してから探偵にご依頼ください。

通常の家出や失踪と違い、命の危険性があります。

 

探偵事務所では、そんなご家族の気持ちを取り組んでくれて、懸命に調査を行ってくれます。

 

 

人探しが得意な探偵社TOP3!

人探しは各探偵社が持つ、独自のデーターと、高い技術が発見率に深く関係してきます。早く見付けてあげるには、良い探偵社選びが絶対です。

明確で低価格な料金、豊富なデーター量、実績と高度な技術、どれをとっても満足がいく探偵社を厳選しております。

原一探偵事務所

42年の実績と信頼の探偵事務所

全国に17拠点を持つ大手老舗の原一探偵事務所は、42年の実績と信頼で数々の人探し調査を解決してきました。 料金もわかりやすい日毎の料金体系で、見積もり金額からの水増し請求や追加料金が一切掛かりません。 尾行や張り込みの技術は警察も驚くほどの能力で、調査報告書の正確性や証拠能力は弁護士も認める程です。 人探しで困っているなら、原一探偵事務所に相談してみるといいでしょう。

HAL探偵社

業界初の成功報酬・後払いシステム

全国11拠点を持つHAL探偵社は、人探しでも最もポピュラーな成功報酬制の料金体系の後払いシステムになっています。

見積もり時に予算に合わせて調査を組むことも可能です。成功率も87.2%と人探しの平均水準よりも高く、安心して依頼できる探偵社のひとつです。

成功報酬制は、調査の結果次第で成功報酬の金額が変わってきますので、依頼者としては納得がいく算出方法ではないでしょうか。

 

-家出人について
-,

Copyright© 人探し 探偵の選び方|家出 行方不明の人探しサイト , 2019 All Rights Reserved.